ライフスタイルに合ったベッドの種類

睡眠は疲れを取るために必要なこと。その睡眠に必要なのがベッドです。ベッドはリラックス効果があるため自分に合った種類を選ぶのがベストです。その種類について詳しく紹介しましょう。

ベッドの種類

女の人

【子供に人気】2段ベッドとシステムベッド

子供が多い家庭に好まれるのが2段ベッドです。高さが大丈夫なら、1つのベッドの幅で2つ分確保することができます。またシステムベッドは子供の成長に合わせてレイアウトを変更することも可能な自由度が高いベッドです。

【ママの味方】収納ベッド

ベッドの下はデッドスペースと言われ収納するスペースを中々確保することができません。でも収納付きベッドならマットレスの下が開き収納すること可能です。それにベッドフレームの横にも収納できる引き出しもあるタイプが販売されているので、スペースを有効活用したい人に選ばれます。

【湿気ともさようなら】すのこベッド

押入れなどにひいているすのこをベッドにしたのが、すのこベッド。特徴としては通気性が良く、マットや布団の湿気を逃しやすくなっているのでフロアーベッドタイプでも安心です。また、湿気の多い地域に人気です。ちなみに素材は天然素材が多く、高級なものでいうとヒノキがあります。

【simple is best】脚付きベッド

マットレスに足がついたようなシンプルデザインなベッド。ヘッドボードもついていないため他のベッドに比べたら小さいので、限られたスペースでも置くことができます。それに、マットレスが2分割することも可能な対応もあるので掃除も引っ越し時も楽に動かせます。

【和の心】畳ベッド

和室のない部屋の方に人気です。畳で眠るのは最高の癒しと思われているため人気が下がりません。ベッドに馴染めない、畳の懐かしいニオイが好きという方は選ぶと良いですよ。また、フロアーベッドの畳タイプもあるので、快適に休息できるでしょう。

広告募集中