マットレスのサイズ

寝る人

【基本サイズ】シングルサイズ

マットレスでは一般的なサイズがシングルです。幅は約90センチ~100センチです。普通体型の大人ならぴったりなサイズになります。種類も多くあるので、自分に合ったマットを選ぶことができやすいサイズです。

【ゆったり寝たいなら】セミダブルサイズ

大きい人用のサイズです。幅が約120センチ前後が多くあります。1人用では一番大きいサイズなので、広くゆったり寝るスペースが欲しい人にもピッタリです。

【女性に案外人気】ダブルサイズ

幅は約140センチ前後。2人用ではありますが、大人が2人で寝るには少し窮屈です。なので、小柄な人が2人で寝るにはベストとされています。ただ一人で使いたいという場合はスペース確保が大変になります。

【二人一緒なら】クイーンサイズ

夫婦やカップルに人気のクイーンサイズ。幅は約160センチ~180センチなので大人2人でも、ゆったり寝ることができるサイズになります。ただ、ダブルと同じで設置場所の大幅なスペース確保が必要です。

【気分は王様】キングサイズ

夢のキングサイズベッド。市販されているマットレスでは最大級です。幅は約180センチ~200センチ前後です。種類が少ないのと設置スペース確保が大変ですが、家族3人川の字で寝ても余裕があるサイズなので、ファミリーに人気です。

様々なサイズのマットレス!

上記で紹介したのは1枚マットです。中にはジョイントタイプもあり、マットを連結させたら幅が約280センチ前後になります。そういった特殊なマットもありますが、選ぶ手順について気になる方も多いので下記で紹介しましょう。

良いベッドを選ぶ手順

部屋の広さをしっかり把握!

ベッドを購入する前に必ずすることは、部屋の広さを把握することです。例えベッドが欲しくてもワンルームで6畳なら置くことも困難になります。自分の部屋が何畳なのか、設置する場所の横幅と縦幅の長さを調べましょう。

設置するベッドサイズを決める

部屋の大きさを把握することができたら、ベッドのサイズを決めます。シングルなのかセミダブルなのか、はたまたクイーンサイズなのか。部屋の大きさに合ったサイズのベッドにしましょう。

予算とデザインや色を決める

いよいよ予算とデザインです。よくデザインから決める方がいますが、先に予算から決めたほうが選ぶベッドを絞ることができます。大体の予算を決めましょう。その後にデザインや色を決めます。

ちゃんと部屋まで運べるのか?

ここが最大の関門です。いざベッドを購入するとしても、部屋まで運べないサイズなら、寝ることすらできません。こういったトラブルは、実は少なくありません。商品を購入する時に詳しいサイズ表記もみることができるので、メジャーを持って、玄関の大きさ、エレベーターが必要なら入り口と奥行きの大きさ、階段なら高さと階段の曲がり角の幅を確認しましょう。

最後に注文!

最後に最終確認して購入します。あとは自宅に届くのを待つだけです。万が一、部屋まで運べないことがあった場合のためにも、事前に返品できるのか、サイズ変更できるのか確認してください。

広告募集中