こだわりの重視ポイント

寝具

ベッドの機能重視!

眠る前に本を読んだり、スマホゲームをしたりしてリラックス空間を満喫している方は多くいます。自分だけの空間を作りたいからベッドは自分の目的にあった機能がないと買わないという方も少なく無いでしょう。機能重視している方には「棚付きヘッドボード」タイプが良いでしょう。ヘッドボードに棚があると、本やリモコン、目覚ましなど置くこともできます。またコンセントが付いているタイプだとスマホの充電、小さな照明機器を置くことも可能です。寝る前のリラックスタイムをスムーズに行える様な機能なのでオススメです。

マットレス重視!

ベッドは寝るもの、疲れをとるもの!と思っている方が数多くいます。マットが固いのもが好き、低反発じゃないと眠れないといった「マットにこだわりを持つ人」にオススメなのがポケットコイルマットレスです。今までのコイルだとカラダとマットの間にすき間ができていました。ポケットコイルマットは一つ一つ独立しているためカラダのフィット感がバツグンです。2人で寝ても、相手の寝返りでも影響を受けづらいです。またコイルがダメという方には低反発マットがオススメ。マットが柔らかくカラダを包んでくれるためポケットコイル同様にフィット感が素晴らしい。それに毛細血管を圧迫しないので床ずれ防止の効果もあります。

デザイン重視

部屋の雰囲気をベッドに崩されたくないと思って、ベッドを探している方は多いでしょう。デザインに関しては、個人の好みに問題があるのでオススメはありませんが、シックなデザインが多いベッドが好きなら選べばいいです。しかし、派手な色が好き、自分でデザインをしたいという方はシンプルな色とデザインのベッドを選びましょう。ペンキでもシールでも自在にデザインすることも可能です。

セットで買われる枕!

昔と違って枕の重要性は広まり、今や枕専門店などもあるくらいです。そのため、マットと枕、3つ同時に探す方も多くなりました。枕もマット同様、好みがあるので何とも言えませんが、1つ言えるのは、枕の高さを気にすることです。高すぎるとカラダへの負担もかかってしまいます。なので肩こりや首のこりがある方は高すぎると余計悪化することになります。高さには十分に注意して自分に合った枕を決めてください。

これだけじゃない!寝室照明で雰囲気を作る

寝室照明は雰囲気作りに最適なアイテムです。また本を読む時にも目に負担を掛けない明るさにもすることができます。天井から吊るすタイプ、床に置くタイプ、フロアーベッドの高さに合うものなど様々です。それにアロマオイルと寝室照明の力で、普段以上の癒しを感じることができ、まるでリゾートホテルに来たような感覚になるかもしれませんよ。

広告募集中