ベッド選びの基本知識!

女の人

ベッドの種類

ベッドの種類は意外と多くあります。その種類は目的によって変わってきます。収納付きベッドや二段ベッドのようにファミリー向けベッドやフロアーベッドのように低いけど見通しが良いベッドもあります。そういった種類の特徴について紹介しています。

READ MORE
寝具

フロアーベッドとローベッド

フロアーベッドとローベッドって同じ低いベッドだけど、何が違うのかわからないという方は多いです。しかし、実は全くちがう種類なので比較してみましょう。

READ MORE
寝る人

マットレスのサイズ

マットレスのサイズは1人暮らし、ファミリー、体格などで選ぶサイズが変わります。またベッドの購入手順についても紹介しているので一度ご覧になってみて下さい。

READ MORE
寝具

こだわりの重視ポイント

ベッドを購入するのに重視するこだわりのポイントについて紹介します。マットや機能、デザインなどの様々な重視があるので各重視ポイントのオススメについて紹介もしているので参考にしてください。

READ MORE

人気マットレス素材ランキング!

no.1

高反発網目繊維構造素材のマットレス

現在人気のマットレスの素材です。寝返り時のカラダの痛みをなくす働きがあります。それは寝返りの時にマットの反発のおかげで補助してくれるため、痛みがなく快適に睡眠できるようになるのです。スポーツ選手や腰痛持ちの方に人気です。

no.2

低反発ウレタン系素材のマットレス

カラダを優しく包んでくれるマットの素材です。フカフカな感じでもなく、ベッドのバネのように跳ねない、不思議な感触の素材です。一度つかうと病みつきになること間違いないでしょう。

no.3

スプリング式マットレス

ベッドの基本中の基本がスプリング式です。トランポリンのように跳ねるため寝ていると楽しくなれます。また他のマットに比べて安価で種類が豊富です。

no.4

高反発ウレタン系素材のマットレス

1位の高反発と同じような効果があり、腰痛持ちに人気です。しかし通気性が悪く熱や湿気が篭りやすいデメリットもあります。でも1位より費用も抑えられるため選ぶ方は少なくないです。

no.5

普通ウレタン素材のマットレス

敷布団や厚みのあるマットを作る時によく使用される素材です。全体的にクッションがあり、軽いので来客用に人気です。また安価なところも選ばれている理由になります。

ベッドの基礎知識

睡眠

ベッドサイズ

サイズには1人用から家族3人川の字で寝れるサイズがあります。サイズ選びの基礎といえば、自分の体格と一緒に寝る人が何人いるのか把握することです。サイズに困ったら、お店などの横になってもいい展示品で確認することをオススメしますよ。

ヘッドボード

ベッドの頭の位置にあるボードのことです。棚が付いているもの、照明が付いているものなどがあります。棚があるタイプのボードならリモコン類やスマホなども置けるので便利ですよ。棚が無いボードならスッキリしたベッド周りになります。

ベッドの形状

ベッドの形状で有名なのが、2段ベッドや収納付きベッドです。ベッドの形状には各メリットがあります。そのため、自分の目的と合う形状を選ぶことが大事です。例えば、収納付きベッドの収納スペースを利用することがないなら、普通の形状を購入した方がいいし、子供の成長に合わせてベッドの位置を変えたいならシステムベッドが良いでしょう。ベッド選びでも需要な要素になります。

マットレス

ベッド購入で最重要点はマットレスです。マットの特徴によっては腰痛が改善された、前より眠りづらくなったなどが起こります。マットレスの硬さ、バネが良いか、低反発が良いのかは、自分の好みになります。マット選びは時間を掛けて自分に合うマットを選んで下さい。

ベッドの注意点!

ベッド購入を考えている方は、急いで決めず、じっくりベッドを探しましょう。睡眠は人生で約3分の1を占めると言われています。ちゃんと睡眠と取れなかったら、体調不良になったり、仕事や学業に集中することができなくなります。だからベッド選びは健康への第一歩と言えるので、しっかり時間を掛けて探しましょう。

睡眠の基礎知識も必要?

ベッドの話と関係ないと思うかもしれませんが、かなり重要な知識です。良質な睡眠を取ることは疲れも取れるし、ストレス軽減にもなります。睡眠不足の方はベッドだけでは改善する確率も少ないです。日頃の生活習慣も見直すことで、良質な睡眠になってベッドのリラックス効果が増すことになります。カラダが健康に向かっていきますよ。

フロアーベッドのメリットについて

見通しが良い

フロアーベッドの特徴は低い位置にあるベッドです。そのため部屋の視界が広く見えます。もし高いベッドなら視界が狭く、圧迫感を感じることになります。圧迫感もストレスに感じることになるので、見通しが良いのはメリットになります。

安定感

ベッドの揺れが気になる方が大勢います。でも床から近いフロアーベッドは揺れがなく、安心の安定感です。子供がベッドの上で騒いでもビクともしないので、ファミリー向けでもあります。

落ちた時に安心

寝相が悪いと、ベッドから落ちて骨折やケガをする事故は案外多いです。しかしフロアーベッドであれば低い位置にあるので、落ちてもダメージが少ないです。子供と添い寝するならフロアーベッドで決まりです。

安心できる高さ

高いベッドは高齢者にとって危険です。ベッドから起きる時に足が着かず、落ちてしまうケースは少なくないでしょう。低い高さのベッドなので、子供も高齢者も安心して快適なベッドで睡眠を取ることができます。

ホコリが溜まりにくい

床とベッドにすき間がほとんどなので、ホコリが溜まりづらいというメリットがあります。とくに主婦や仕事が忙しい方、高齢者で屈んで掃除がキツイという方にはかなりのメリットになります。

広告募集中